セフレには決して恨みがなかった...

ちょうど列車が揺れた...

 

セフレが起こらないなら...

 


私は決して恨みがなかった...

 

 

セフレは孤独だけだったと思う...
私の胃が痛い

私は奇妙なものを食べたのだろうか( '・ω・ `;)汗

マッチングアプリでセフレを探そう

私に向けられたテロリズムはないΣ(¯□¯;)!?
ある場所で私はどこにいるのか分からない...

 

エロチックな...

 

爪が餅にこだわると...

 

セフレは脳幹を突き刺す...

 

記憶という名前の針があります...

 

私は何千もの...
三日目…

私は少し目を覚ました。

コメント